【1/22無料開催】「暗号資産」2021年以降の見通しは?──最新トレンドをつかむオンラインイベント【btokyo members】

『暗号資産2.0 ── ビジネスパーソンが知っておきたい、2021年の最新トレンドをつかむ』

概要

新たな局面を迎えた「暗号資産」の最新トレンドを知る

2020年は、米決済大手のペイパル参入・スクエアのビットコイン購入、オプション取引・DeFi(分散型金融)が活況となるなど、「暗号資産(仮想通貨)」がデジタル資産の1つとして定着し、市場が新たな局面を迎えた年だった。

2021年以降、暗号資産はどこに向かうのか? 本オンラインイベントでは、2021年3/1-2のブロックチェーンカンファレンス「btokyo ONLINE 2021」の開催を記念し、暗号資産の歴史や業界内をよく知るキーパーソンを招き、ビットコインの誕生からICOやアルトコインの台頭、NFTやセキュリティトークンへの分化、そしてDeFiの現在に至るまでを振り返り、今後のトレンドを考える。

日時

2021年1月22日(金)19:00~20:30(90分)
※申込締切:イベント当日 1/21(木)19:00まで

会 場

オンライン(EventHUb)

料金:無料 

※btokyo membersの無料の会員登録が必要です

btokyo members会員登録フォーム URL:https://www.btokyo-members.jp/
会員登録頂いた皆さまにはページ内の登録先URLからイベント登録フォームに移動、
必要項目をご記入頂き参加登録をお願いいたします。

定 員

100名

スピーカー

川浪 創 氏 | Fintertech株式会社
Cheif Marketing Officer兼デジタルアセット担保ローン営業責任者

西村 依希子 氏 | マネーパートナーズグループ社長室長
日本仮想通貨ビジネス協会(JCBA)広報部会長
日本ブロックチェーン協会(JBA)広報委員長

藤本 真衣 氏 | 株式会社グラコネ代表取締役/Miss Bitcoin Japan

【モデレーター】
神本 侑季 | N.Avenue 代表取締役CEO

イベント詳細URL

https://www.coindeskjapan.com/94388/

【11/26無料開催】元ライフネット岩瀬氏、Paidy杉江氏らが議論──フィンテック・スタートアップの成長戦略【Powered by Dell Technologies】

FINTECH STARTUP LIVE 2020 真似のできないスタートアップの成長戦略──変化を捉え、勝機をつかむ【Powered by Dell Technologies】

概要

競争市場において新たなビジネスチャンスをどう見つけるのか?

「金融×テクノロジー」の新領域をけん引するフィンテック・スタートアップの「今」をレポートする「FINTECH STARTUP LIVE 2020」。今回のテーマは、真似のできない「ユニークな着眼点」でフィンテック市場に挑むスタートアップをゲストに迎えて、どのようにスケール(急成長)させればいいのかを考えるというもの。

激しい競争が繰り広げられる市場で、どのようにスケール(急成長)させればいいのでしょうか? どのように新たなビジネスチャンスを見つければいいのでしょうか? ライバルとの差別化はどう行うのでしょうか?

本イベントでは、クレジットカードのいらない後払い決済という切り口でアジア圏シェアNo.1を狙うPaidyの杉江氏、診察明細をスマホで撮影して写真をアップロードするだけでペット保険金の請求ができるというユニークなサービスを展開するアニポスの加藤氏を迎えて、フィンテック・スタートアップならではの成長戦略を議論します。

競争市場において他社との差別化に悩む企業、特にフィンテック・スタートアップにとっては必見のオンラインイベントです。

会 場

オンライン(Zoom)

定 員

150名

スピーカー

岩瀬 大輔 氏 | Tiger Gate Capital Managing Partner

杉江 陸 氏 | 株式会社Paidy 代表取締役社長 兼 CEO

加藤 夕子 氏 | 株式会社アニポス COO

【モデレーター】
堀 新一郎 氏
YJキャピタル株式会社 代表取締役  Zコーポレーション株式会社 代表取締役会長

イベント詳細URL

https://fintechstartuplive-vol2.peatix.com/

【10/26(月)開催】 ファンマーケティング2.0──顧客エンゲージメントを変える「デジタル金融」の新手法

ファンマーケティング2.0──顧客エンゲージメントを変える「デジタル金融」の新手法

本イベントはbtokyo membersに会員登録をされた方のみが可能です。

会員登録URL:https://www.btokyo-members.jp/

概要

デジタルマーケティング領域において個人情報保護やクッキーレスがもたらす影響は大きく、顧客との直接のつながりをつくる「ファンマーケティング」にあらためて関心が集まっています。

その新手法として注目されているのが「デジタル金融」を用いたファンコミュニティの醸成です。これまでも株主優待などによりファンづくりは行われてきましたが、法整備や新技術により今までにない取り組みが登場しつつあります。

本イベントでは、最前線で取り組みを推進する事業者のビジネスパーソン、デジタルマーケティングのプロフェッショナルを招き、フィンテックを用いた「ファンマーケティング2.0」の可能性を議論します。

DX期におけるデジタルマーケティングの向かう先、急激な市場変化への対応を知りたい企業、特に【デジタルマーケティングのマーケター・金融機関の事業担当者】必見のオンラインイベントです。

会 場

オンライン(Zoom)

定 員

150名

スピーカー

音部 大輔 氏|株式会社クー・マーケティング・カンパニー 代表取締役

佐々木 俊典 氏|株式会社BOOSTRY CEO

藤田 雄一郎 氏 | ファンズ株式会社 代表取締役

【モデレーター】
神本 侑季 | N.Avenue 代表取締役CEO

イベント詳細URL

https://www.coindeskjapan.com/83971/

【8/7(金)開催】 数字で見るブロックチェーン・ビジネス──「Blockchain Data Book 2020」レポートで知る最新動向

数字で見るブロックチェーン・ビジネス──「Blockchain Data Book 2020」レポートで知る最新動向

本イベントはbtokyo membersに会員登録をされた方のみが可能です。

会員登録URL:https://www.btokyo-members.jp/

概要

ブロックチェーンに関連したビジネスの全体像を知るには、キーとなる数字を抑えておく必要があります。「金融業界を中心にブロックチェーン技術の活用が進んでいる」と言われますが、たとえば、これまで実施された実証実験が184件あり、うち3分の1程度が金融業だという「数字」から語れば、説得性が増すのではないでしょうか。

本オンラインイベントは、国内ブロックチェーン業界の概要を数字からつかむ、DXやビジネス・デベロップメント担当者向けのセッションです。スピーカーは、日本国内のブロックチェーン動向を記した最新レポート『Blockchain Data Book 2020』(2020年6月30日発売、720ページ、本体価格15万円)を執筆したマネックスグループ株式会社マネックスゼロ室の福島健太氏、日本仮想通貨ビジネス協会(JCBA)広報部会長と日本ブロックチェーン協会(JBA)広報委員長を兼務するマネーパートナーズグループ社長室長の西村依希子氏の2名です。モデレーターはCoinDesk Japanコンテンツプロデューサーの久保田大海が務めます。

今いちばんのホットトピックは? これから活況を迎えるビジネスモデルとは? セッションでは参加者からリアルタイムに「質疑応答(Q&A)」を受け付け、スピーカーが疑問点に答えます。主要なデータについて「数字」の意味を理解するだけではなく、ビジネス・産業の全体像や動向をつかむことが目的です。

会 場

オンライン(Zoom)

定 員

150名

スピーカー

福島 健太 氏 | マネックスグループ株式会社 マネックスゼロ室

西村 依希子 氏 | マネーパートナーズグループ社長室長・日本仮想通貨ビジネス協会(JCBA)広報部会長・日本ブロックチェーン協会(JBA)広報委員長

【モデレーター】
久保田 大海(CoinDesk Japan コンテンツプロデューサー)

イベント詳細URL

【7/21(火)開催】 なぜ今「デジタル通貨」なのか?―決済、CBDC、ステーブルコイン

なぜ今「デジタル通貨」なのか?―決済、CBDC、ステーブルコイン

本イベントはbtokyo membersに会員登録をされた方のみが可能です。

会員登録URL:https://www.btokyo-members.jp/

概要

新たなホットトピックとして「デジタル通貨」に注目が集まっています。米フェイスブックが主導するリブラの構想が2019年6月に発表されると、中国はデジタル人民元の開発を公表。さらに各国で中央銀行デジタル通貨(CBDC)の発行を研究・検討するなど動きが活発しました。

さらに2020年になり、暗号資産やブロックチェーン技術からステーブルコイン、プログラマブルマネーが登場するなど、「デジタル通貨」をめぐる覇権争いの様相を呈しています。今後「デジタル通貨」は、ビジネスにどのような影響を与えるのでしょうか?

本イベントでは、電子マネー「Edy(エディ)」(現・楽天Edy)立ち上げに関わり現在はカンボジアの中央銀行デジタル通貨「バコン(Bakong)」を開発するソラミツの宮沢和正氏、スマホ決済アプリ「PayPay」の立ち上げを経験して現在はディーカレットでCTO兼デジタル通貨の事業責任者を務める白石陽介氏、GMOインターネットでビットコインマイニング事業に取り組んだ後にステーブルコイン「GYEN(ジーエン)」の立ち上げをリードする中村健太郎氏の3名を招き、ニュースやメディアにならない情報を共有し、「デジタル通貨」のこれからを見通します。

配信ライブでは、参加者とリアルタイムに「質疑応答(Q&A)」が行われ、活発なディスカッションが行われます。今後「デジタル通貨」をどう事業に活かすべきかを知りたいビジネスパーソン必見のイベントです。

会 場

オンライン(Zoom)

定 員

200名

スピーカー

宮沢 和正 氏 | ソラミツ株式会社 代表取締役社長

中村 健太郎 氏 | GMOインターネット㈱ GYENプロジェクトリーダー

白石 陽介 氏 | ディーカレットCTO

【モデレーター】
久保田 大海(CoinDesk Japan コンテンツプロデューサー)

イベント詳細URL

peatix:https://btokyomembers008.peatix.com/

【7/15(木)開催】 オンラインネットワーキングイベント2025年のコンテンツビジネス―「n次創作」「広告ビジネス」から「ブロックチェーンゲーム」まで

2025年のコンテンツビジネス―「n次創作」「広告ビジネス」から「ブロックチェーンゲーム」まで

本イベントはbtokyo members会員サイトβ版スタートの記念イベントです。イベント登録は会員登録をされた方のみが可能です。

会員登録URL:https://www.btokyo-members.jp/

概要

ブロックチェーンコミュニティ「btokyo members(ビートウキョウ・メンバーズ)」会員サイトのオープン記念となる初のオンラインネットワーキング・イベントです。

「コンテンツ×ブロックチェーン」の事業をリードする方々による、最新のプレゼンテーションを見ながら、「2025年のコンテンツビジネス」をテーマに、オンライン上で各テーブルに分かれてディスカッション&ネットワーキングを行います。

本イベントでは、電通イノベーションイニシアティブの鈴木淳一氏、博報堂ブロックチェーン・イニシアティブの伊藤佑介氏、世界最大級のブロックチェーンゲーム『My Crypto Heroes』(マイクリ)を提供するdouble jump.tokyoの上野広伸氏を迎え、スピーカーとオーディエンスのそれぞれが主体となって、「コンテンツビジネスの未来」をディスカッションします。

スピーカー・参加者がオンライン上で交流する、新感覚のオンラインネットワーキング・イベントです。

会 場

オンライン(Remo)

定 員

50名※本イベントは抽選となります。7/9(木)までにお申し込みください。

スピーカー

鈴木 淳一 氏 | 電通イノベーションイニシアティブ プロデューサー

伊藤 佑介 氏 | 博報堂ブロックチェーン・イニシアティブ

上野 広伸 氏 | double jump.tokyo株式会社 CEO & CTO

【モデレーター】
久保田 大海(CoinDesk Japan コンテンツプロデューサー)

イベント詳細URL

peatix:https://btokyo20200715.peatix.com/

【7/9(木)開催 オンラインイベント】フューチャリスト 尾原和啓 × LayerX 福島良典「ブロックチェーン進化論―ネットビジネスの大変動が始まる」

ブロックチェーン進化論―ネットビジネスの大変動が始まる

Synopsis

世界的な新型コロナウイルス感染症の影響により、リモートワーク・脱ハンコ・オンライン営業など、企業に急速な「デジタルトランスフォーメーション(DX)」をもたらしています。新たなDXのうねりのなかで、あらためて注目を集めているキーテクノロジーが「ブロックチェーン」です。

ブロックチェーンはネットビジネスをどう変えるのでしょうか? 分散型ネットワークが事業にもたらす大変革とは何でしょうか?

本イベントでは、30億円調達が話題となりブロックチェーンのスタートアップをリードするLayerX CEO 福島良典氏、7万部突破の共著『アフターデジタル』ほか新著『ネットビジネス進化論』がベストセラーとなっているIT批評家・フューチャリストの尾原和啓氏の2人を迎え、ニュースやメディアには出ない情報・アイデアを語り尽くすスペシャルイベントです。配信ライブでは、参加者とリアルタイムに「質疑応答(Q&A)」が行われ、活発なディスカッションが行われます。

インターネットからブロックチェーンまでを網羅した「新たな経済圏」のこれからを見通したい、あるいは新技術を事業・ビジネスにどう活かすかを知りたいビジネスパーソンに必見のイベントです。

Venue

オンライン(Zoom)

Participants

定員200名

Speakers

尾原 和啓 氏 | フューチャリスト 藤原投資顧問 書生

福島 良典 氏 | 株式会社LayerX CEO

【モデレーター】
久保田 大海(CoinDesk Japan コンテンツプロデューサー)

Peatix URL

https://btokyomembers006.peatix.com/

【6/26(金)開催 オンラインイベント】ブロックチェーンから始まる「不動産」市場の大転換──「セキュリティトークン」から「流通のトレーサビリティ」まで

ブロックチェーンから始まる「不動産」市場の大転換──「セキュリティトークン」から「流通のトレーサビリティ」まで

Synopsis

不動産ビジネスにおいて、デジタル証券(セキュリティトークン)による資金調達、所有・利用権や契約、流通のトレーサビリティなど、多岐にわたってブロックチェーン技術の実用化・実証が進んでいる。今後、新技術の登場により「不動産」市場はどう変わるのか? 最前線でビジネスを担う事業責任者が現状をレポートし、今後の市場の見通しをディスカッションする。

Venue

オンライン(Zoom)

Participants

定員150名

Speakers

能登谷 寛 氏 | 三井不動産株式会社 ベンチャー共創事業部 主事

松坂 維大 氏 | 株式会社LIFULL 社長室 ブロックチェーン推進グループ長

丸野 宏之 氏 | 株式会社LayerX 執行役員

【モデレーター】
久保田 大海(CoinDesk Japan コンテンツプロデューサー)

Peatix URL

https://btokyomembers20200626.peatix.com/

【6/11(木)開催 オンラインイベント】アフターコロナの世界において企業が求めらている「新たなDX」とは何か? 【Powered by KPMG Ignition Tokyo】

アフターコロナの世界において企業が求めらている「新たなDX」とは何か? 【Powered by KPMG Ignition Tokyo】

Synopsis

世界的な新型コロナウイルス感染症の拡大と脅威の中で、国家・自治体は対応に追われ、個人には家ごもりのライフスタイルやリモートワークなどの新たな働き方が急速に進む。企業も同じように、未曾有の状況が続く市場での新規ビジネスの模索や急速なデジタル化への対応が求められているのが現状だ。こうした人々の価値観、社会の変化は、ビジネスや企業にどのような非連続の変化をもたらすのだろうか? AI、5G、ブロックチェーン──本イベントでは、 技術のトレンドを俯瞰しながら、新たなデジタルトランスフォーメーション(DX)の在り方を考える。

Venue/Participants

オンライン(Zoom)
※Wifiなどネット接続ができる環境で、PC・スマホ・タブレットなどから視聴できます。
※快適な視聴環境としてZoomのアプリケーションの使用を奨励しております。
※お申し込みされた方には、セミナー開始1時間前までに(ログインURL・パスワード)を、Peatixご登録のメールアドレス宛にご連絡をさせて頂きます。

定員150名

Sponsor

株式会社KPMG Ignition Tokyo

Speakers

茶谷 公之 氏((株)KPMG Ignition Tokyo 代表取締役社長兼KPMG ジャパン チーフ・デジタル・オフィサー)

茂木 源人先生(東京大学大学院工学系研究科 教授)

【モデレーター】
久保田 大海(CoinDesk Japan コンテンツプロデューサー)

Peatix URL

https://btokyomembers20200611.peatix.com/

【オンライン開催】6月3日、『デジタル医療に学ぶ「ブロックチェーン活用の最前線」──トレーサビリティ、臨床試験、データシェアリング』開催のお知らせ

デジタル医療に学ぶ「ブロックチェーン活用の最前線」──トレーサビリティ、臨床試験、データシェアリング:btokyo lounge#3


Synopsis

デジタル医療の領域ではデータの改ざんがむずかしいブロックチェーンの特性を応用し、医薬品のトレーサビリティ(追跡可能性)、臨床試験におけるデータの信頼性向上などへの実用化が進んでいる。特に新型コロナ感染症の新薬開発において、製薬会社のデータシェアリングが議論されるなど<医療×ブロックチェーン>があらためてホットトピックとなりつつある。膨大な患者のデータと向き合う医療では、ブロックチェーンをどう活用できるのか? 本オンラインイベントでは、その最前線をレポートし、業種・業界を超えたブロックチェーン技術の応用可能性を議論する。

Venue/Participants

オンライン(Zoom)
※Wifiなどネット接続ができる環境で、PC・スマホ・タブレットなどから視聴できます。
※快適な視聴環境としてZoomのアプリケーションの使用を奨励しております。
※お申し込みされた方には、セミナー開始1時間前までに(ログインURL・パスワード)を、Peatixご登録のメールアドレス宛にご連絡をさせて頂きます。

定員100名

Speakers

上野 太郎 氏(サスメド株式会社 代表取締役)

太田 賢志 氏(経済産業省 経済産業政策局 新規事業創造推進室 室長補佐)

【モデレーター】
久保田 大海(CoinDesk Japan コンテンツプロデューサー)

Peatix URL

https://btokyomembers3-20200603.peatix.com


4月27日、「btokyo lounge #2」 開催いたしました。

間もなく施行「資金決済法・金融商品取引法」改正で何が変わるか?:btokyo lounge #2

Synopsis

2020年5月1日に改正「資金決済法・金融商品取引法」の施行が予定されている。パブリックコメントを経て発表された最終版は、暗号資産のカストディやデリバティブ、電子記録移転権利(デジタル証券・セキュリティトークン:ST)などの関連ビジネスにどのような影響を与えるのか? 第一線の専門家に聞く。

Event Report

Speakers

斎藤 創氏(創・佐藤法律事務所 代表弁護士)

【モデレーター】
久保田 大海(CoinDesk Japan コンテンツプロデューサー)

5月11日 – 15日(米東部時間)「Consensus:Distributed 」オンライン開催のお知らせ

CoinDesk Japanがプロデュースする特別番組「新型コロナ危機以後の金融デジタル化とブロックチェーン技術の影響を考える」も放映

米CoinDeskが主催する「Consensus」は、毎年ニューヨークで開催されているブロックチェーン・デジタル資産をテーマにした世界最大級のカンファレンス。

これまで同領域をリードする企業トップや開発者が集まり、さまざまなテーマで議論やプレゼンテーション、ワークショップ、ネットワーキングが行われてきた。6回目となる2020年は、新型コロナ感染症拡大の影響で初のオンラインでの開催となる。セッションは英語での提供となり、視聴登録は無料。

本イベント開催中の日本時間 5月15日(金)深夜0:00-1:00には、CoinDesk Japanがプロデュースする特別番組「新型コロナ危機以後の金融デジタル化とブロックチェーン技術の影響を考える」も放映を行います。是非ご覧ください。

Title

Consensus:Distributed

Date

2020年5月11日-15日(米東部時間)

URL

https://www.coindesk.com/events/consensus-2020

申し込みはこちらのURLからお願いします。

※参加費:無料( 視聴登録制)※セッションは全て英語での提供となります。


Coin Desk Japan Program

「新型コロナ危機以後の金融デジタル化とブロックチェーン技術の影響を考える」

Speakers

高梨 佑太氏(金融庁 総合政策局課長補佐)

北澤 直 氏(Coinbase日本法人 代表取締役)

武宮 誠 氏(ソラミツ 代表取締役・最高経営責任者)

佐藤 茂 氏(CoinDesk Japan編集長)

DATA

2020年5月15日(金)深夜 00:00~01:00(日本時間)

※5月15日(金)11:00〜12:00(米東部時間)

Event Notice

https://www.coindeskjapan.com/59814/https://www.coindeskjapan.com/59814/